資 財

【基本のキ】お金持ちの絶対条件!家計簿を付ける理由や方法について解説

2023年7月14日

こんにちは!ガネ吉です。

お金持ちになりたい!」と思いませんか?
なんて唐突に聞くとかなり胡散臭いですが、怪しい商品を売りつける気は全くありませんのでご安心ください。

僕は学生時代に父からある1冊の本を渡されたことをきっかけに「お金持ちになりたい!」と強く思うようになりました。
一方、危うくお金について何も知らずに生きていくところだったと危機感も抱きました。

最近では投資ブームと囁かれるほどお金や投資などに注目が集まりつつありますが、やはりまだ一部の人に限られているというのが僕の実感です。

そこで、あくまで一個人の考えではありますが、僕の経験や考えからお金持ちになるために最初にやることについてご紹介します。

ESSENCE

Q. お金持ちになるには何からすればいいの?

A. まずは家計簿を付けることから始めよう!

なぜなら…

  1. お金持ちの定義は「●●<▲▲」
  2. ●●を設定するためには家計簿を付ける必要がある

父から貰った本の正体

まず、冒頭に述べた“父から貰った本”というのは、今や誰もが知っている『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房,ロバート・キヨサキ著)です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・キヨサキ ]

価格:1,760円
(2023/8/24 22:03時点)
感想(73件)

本書の中でも最も強く影響を受けたのは「中流以下の人間はお金のために働く 金持ちは自分のためにお金を働かせる」という一節です。

当時お金のためにアルバイトをしていた“中流以下”の僕は、これをきっかけに「本当の意味での“お金持ち”になりたい」と思うようになりました。

(誤解を招かないよういいますが、お金のためだけではなく仕事そのものにやり甲斐を感じられればそれは素晴らしいことです。)

“お金持ち”って結局どういうこと?

お金持ちになりたい!
んだけど、何から手を付けたらいいのかわからないな…。

多くの人がお金持ちになりたい!と思うよね!
そのためには

ガネ吉

さて、「お金持ちになりたい」と思ったまではいいですが、ではそもそも“お金持ち”ってどういう状態をいうのでしょうか?
明確な基準がなければ“なる”ことはできません。

A. 資産に着目した基準

最初に思いつくのは「〜億円以上持っていること」といったような資産に着目した基準です。

野村総合研究所の調査報告では、純金融資産保有額(預貯金や株式などの金融資産から不動産購入に伴う借入などの負債を差し引いた額)をもとに以下の5つに分類されています。

  • 超富裕層 … 5億円以上
  • 富裕層 … 1億円以上5億円未満
  • 準富裕層 … 5,000万円以上1億円未満
  • アッパーマス層 … 3,000万円以上5,000万円未満
  • マス層 … 3,000万円未満

参考:野村総合研究所(https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2023/cc/0301_1

このような基準は国や地方公共団体、経済学者などが社会全体の経済状況を把握するためには役立ちますが、僕たち個々人のお金持ちの基準として用いるには弱点が2つあります。

1つは、人によって異なる文化や生活水準、価値観を軽視してしまうことです。

例えば手元に1億円の資産があるとしても、物価の低い環境で1人暮らしをする人にとっては一生遊んで暮らせる額かもしれませんし、物価の高い環境で大家族で暮らしていく人にとっては10年間暮らすのにも不充分かもしれません。

もう1つは、”お金に働かせる”というお金持ちの思想が抜けていることです。

単純に1億円という資産を築くことだけ考えると、ギリギリまで生活費を削り、労働して得たお金を貯めるという手段も選択肢になります。
しかし、これでは結局お金のために働いていることになり、お金持ちの思想とは異なってしまいます。
現実問題、1億円貯まる頃にはかなり高齢になっているかもしれませんし、それまでの人生を棒に振るってしまいかねません。

B. キャッシュフローに着目した基準

では、僕たち個々人に適したお金持ちの基準はどのようなものでしょうか?

僕が現在最も合理的と考えているのは『本当の自由を手に入れる お金の大学』(朝日新聞出版,両@リベ大学長著)でも紹介されているキャッシュフローに着目した以下の基準です。

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]

価格:1,540円
(2023/8/24 22:14時点)
感想(804件)

POINT

生活費<不労所得
※書籍には“資産所得”と記載されていますが、働かずにという意味合いを強調するためあえて“不労所得”と表現を変えさせていただきました。

生活費は、文字通り住居費や食費など生きていくのに最低限必要な支出です。

もう一方の不労所得とは、主に株式投資による配当や不動産投資による家賃など自ら働かずとも得られる収入を指します。

このキャッシュフローに着目した基準は、先にご紹介した資産に着目した基準の2つの弱点を克服しています。

まず、ベースラインとして生活費が設定されていますので、人それぞれの生活水準や価値観に合ったものになります。

そして、不労所得には”お金に働かせる”というお金持ちの思想が含まれています。

家計簿を付けて自分だけのお金持ちの基準を把握する

大前提となる基準が定まったところで、お金持ちへの第一歩としてベースラインとなる生活費を把握することから着手します。

そこで質問ですが、あなたの生活費は毎月いくらでしょうか?

キャッシュフローに着目した基準に基づいてお金持ちを目指すならば、この質問に回答できないといつまで経ってもお金持ちになることはできません。

だって、もし毎月20万円の不労所得があったとしても、生活費がいくら必要なのかがわからなければ「生活費<不労所得」であると主張できませんから。

そこで、生活費を把握するために家計簿を付けます。

よくお金のやりくりに関する本などで家計簿をつけましょうと書いてありますよね。

家計簿をつける目的は「今月はいつもより外食に使いすぎちゃったから来月は外食を控えよう」というように支出を調整するのに役立てるというのも確かに大事な側面ですが、最大の目的は個々人にとってのお金持ちの基準(=生活費)を明確にするためだと僕は思います。

家計簿の準備

では、早速今日から家計簿を付けていきましょう。

おっと、買ったまま放置されていたノートを引っ張り出して来る必要はありません。
最近ではソフトやアプリなどの電子媒体で家計簿を付けるのが主流です。

僕なんかは、後でデータを使って計算や分析ができるようにしたいのでExcelを使って手作業で家計簿をつけています。(研究者の性なんでしょうか。)

ですが、一般によくお勧めされているのは『マネーフォワードME』(株式会社マネーフォワード)などのスマホアプリです。(スマホアプリについては自らの体験をもってご紹介することができず申し訳ありません…。)

いずれにしても紙媒体のノートだけはおすすめできません。家計簿を付けること自体が面倒ですし、後で計算したりするのも手間ですので。

まずは何も気にせず家計簿を付ける

家計簿の媒体が準備できたところで、僕なりの家計簿の付け方についてお話しします。

これから始める場合は、はじめの3〜6ヶ月ほどは何も気にせずただひたすらに家計簿を付けるのがおすすめです。
なぜなら、あなたが快適に暮らすために必要な生活費がわかるからです。

というのも、お金持ちを目指す道のりの大原則は

POINT

  1. 支出<収入という状態を作る
  2. その差額(=余剰資金)で株式や不動産などに投資する

ということになります。

そして、お金持ちへの道を歩みだした初めの頃は収入をすぐに増やすことは難しいので、支出を減らそうとします。

適正な範囲であればいいのですが、効率を重視するあまり過剰になってしまいがちです。

その結果、充分な食事を摂らずに体調を崩したり、友人との付き合いを減らして楽しい時間を失ったりと、今の幸せを手放してしまうことになりかねません。

ここで一旦冷静にならなければいけないのですが、お金持ちを目指すのは幸せな人生を送るためです。

お金持ちを目指すあまり健康や時間という貴重な財産を犠牲にしてしまっては、結局後になって人生を振り返った時に資産は豊かになっても人生は乏しかったと後悔する恐れがあります。

ですので、まず3〜6ヶ月ほどはこれまで通り食べたいものを食べたり、友だちと遊びに行ったりしながらも、家計簿だけは徹底的に付けてください。(クレジットカードなどで支払っているサブスクにも注意が必要です。)

そうして出来上がった家計簿はには、あなたが快適に暮らすために必要な生活費が載っています。

家計簿の科目について

いざ家計簿を付けるとなると、「食費や日用品費などの科目はどう設定したらいいんだろう?」という疑問が生じます。

最終的にはあなたの生活スタイルに合わせていただけたらと思いますが、まずは一般論だけでもおさえておきましょう。

科目は大きく生活に必要な”生活費”と、生活に必要ではないけど幸せのために使う”幸せ費”(いわゆる浪費のことですが、浪費というと悪いニュアンスが含まれるので僕は別の表現をしています)に分けます。

生活費に含まれる科目の例
家賃、水道光熱費、通信費、食費、外食費、日用品費、交通費、医療費など

幸せ費に含まれる科目の例
趣味娯楽費、交際費、特別費、旅費など

これを元に、生活スタイルに合わせて追加・変更していきます。

例えば”衣食住”は人の生活に必要とされますが、”衣”については趣味でたくさん洋服を買う方の場合は幸せ費に含んだ方がいいかもしれませんし、本当に必要最低限の服しか買わない方の場合は生活費に入れてもいいかもしれません。

また、僕は毎月のちょっとした幸せとしてお菓子を食べたりするんですが、これを食費に混ぜてしまうと「必要最低限」の生活費がボヤけてしまうので、幸せ費の中に”お菓子代”として分けて計上しています。

まとめ

この記事では「お金持ちの基準」とはどんなものか、そしてお金持ちになるために必要な家計簿についてお話ししました。

もう一度、この記事のポイントを載せておきます。

キャッシュフローに着目した基準に基づいたお金持ちになりたいと思ってくださったのでしたら是非家計簿を付けることから始めてみてください。

-資 財